ブログのタイトルを決める時に考慮すべきポイントについて

「いざテーマが決まったけど、ブログのタイトルはどうしようかな・・・」

と言ったことを悩んでいませんか?

今回は、そんなあなたの為に「ブログタイトルの付け方、その際に考慮すべきポイント」に関してお話していきたいと思います。

ちなみに前回までの講座で、あなたがすでにテーマを決めた想定で「ブログのタイトル」に関してお話していきます。

ですので、もしまだ決まっていないという方は以下の記事を参考にしてみてください。

>>アフィリエイトでテーマを決めるのに考えるべき2つの視点とは?初心者におすすめなのはどのテーマか?

>>ブログのテーマを決める基準について~アフィリエイトで稼げるテーマとは?~

それでは参りましょう。

ブログタイトルを付ける際に考慮すべき「ポイント」とは?

いざブログの情報発信をしようとになって、まずブログのタイトルを設定する段階を踏む事になります。

このブログでは、「アフィリエイトヘルプデスク」が、このブログのタイトルです。

私が考える、ブログのタイトルを設定する際に考慮すべきポイントを強いてあげるならば、以下の2つが言えると思います。

  • 1.ブログの趣旨が分かり易いタイトルにする事
  • 2.ターゲットに絞ったキーワードを入れる事

検索エンジンからのアクセス流入を想定しているブログは、その「タイトル」自体が検索にヒットする事が多い傾向にあります。

つまり、そのタイトルもブログへの「入口」となり得るという事です。

ですが、以上の2つのポイントの内、特に2番めのターゲットに絞ったキーワードを入れる事に関しては注意をする点があります。

それは「キーワードを散りばめすぎると、逆にブログの趣旨が分かりづらくなってしまう事」です。

キーワードを散りばめるという事は必然的にタイトル自体が長くなってしまう事に繋がり、人の印象に残るような文章、コピーとは程遠いものとなってしまう恐れがあります。

ですので、上に示した

「1.ブログの趣旨が分かり易いタイトルにする事」

をまずは念頭におき、

「2.ターゲットに絞ったキーワードを入れる事」

に関しては、”可能であればキーワードを入れてみる”という風に、あくまで頭の片隅においた状態でブログのタイトルを決めてしまいましょう。

「ブログのタイトル」を決める際にもう一つ注意点を申し上げるならば、

・見るからに胡散臭いタイトルは避ける事

が挙げられると思います。

ネットビジネスをテーマにしているブログでいえば、「秒速で○○万円」、「不労所得」などといったキーワードをブログタイトルに盛り込んでいる人が多くいるように見受けられます。

このようなキーワードを含むタイトルを持つブログは、多くの人に「見るからに胡散臭い」と思われてしまう傾向にあり、その結果、もし仮にそのブログ記事が質の高いコンテンツであったとしても忌避されてしまいます。

・・・ところで、ここまでブログタイトルに関して説明してきて恐縮ですが、実際のところ、ブログのタイトルはそこまで重要視する必要はありません。

何故私がそのような事を思っているのか。以降のセクションで説明していきます。

ブログタイトルは実際のところ「そこまで重要ではない」のは何故か?

私は、ブログタイトルは「そこまで重要ではない」と考えています。

なぜなら、読者の立場から言えば、ブログタイトルを興味や関心の入り口とはなったとしても、そのブログタイトルのみでそのブログの良し悪しを判断する人は殆どいないといえるからです。

また仮に、ブログタイトルが、先に挙げた2つのポイントのいずれかも考慮していない、つまり「ブログの趣旨がわかりにくいもの」であったり、「自分の欲しい情報に関連するキーワードを含んでいない」ような場合においてもブログを読まれる可能性は高いと言えます。

「ブログの趣旨がわかりにくいもの」で、有名なWeb上コンテンツの一つの例としてあげられるのはAmazonです。

Amazonの世界的な知名度を考慮せず、純粋に「Amazon」という名前だけを目にした場合「このウェブサイトの趣旨が何か」判断することは不可能ですよね。

あえて予想するなら、「南米のアマゾンジャングル」に関連する情報を掲載しているウェブサイトと連想されてしまっても仕方ありません。ですが実際には、「Amazonっていう名前が何を意味しているかよくわからないけど、商品を購入するのに便利だからAmazonにアクセスする」という人が大半なのではないでしょうか?

また「自分の欲しい情報に関連するキーワードを含んでいない」場合においてですが、私が当ブログとは別に運営しているブログがあり、そこでの実体験をお話します。※尚、どのブログかは、当ブログの趣旨と違うものになるので言及は避けさせて頂きます。

私のブログはテクノロジー関連のブログで、ブログタイトルもそれに沿ったタイトルなのですが、その中に一つだけ「日本の就活生に向けた記事」が入っています。もちろん、ブログタイトルは全く就活に関連したものではありません。

しかし、アクセスログを見ていると検索エンジンからその「就活記事」に対する流入があり、そのコンテンツを読んだ人が全く就活に関係のない、ブログの趣旨にそったテクノロジー系の記事にアクセスしているのです。

インターネットユーザーが、何らかのブログに訪問するのは、「検索エンジンにキーワードを入力して、あなたのブログ内の何らかの記事が検索結果に表示されてその記事をクリックした段階」となります。そして、その記事に書かれている内容を読んで「共感」や「わかりやすさ」を感じた段階で「このブログ内の他の記事も読んでみよう」と思うのです。

紛れもなくこのプロセスは「多くの人がブログを知り、そのブログのファンになる最も傾向の多い流れ」と言えると私は思います。

もはやあなたはお気づきかとは思いますが、以上に挙げたプロセスの中に「ブログタイトル」のみで「ブログの質」を判断していく様なプロセスはほぼ「無い」と言っていいのでは無いでしょうか。

これは言い換えるのであれば、ブログのタイトルがどんなものであっても、そのブログに掲載されている記事の1つ1つが読者に「質が高い」と感じてもらえるような記事であれば、読者がどんな記事を入り口にしてそのブログを訪問しても、”他の記事もわかりやすいのだろうな”と思い、「他の記事を読んでみよう」と実際に読み進めていく事になりますよね。

つまり、ブログにおいて大切なのは、結局のところは「ブログタイトル」ではなく、ブログの記事1つ1つである「コンテンツの質」なのです。

「ブログコンテンツの質」が「ブログタイトル」より大事

先立つセクションで説明したとおり、ブログタイトルにこだわって質の高いものにしても、そのブログのタイトルがブログを読者にブログ記事を読ませる理由にはなりません。

なぜなら、ブログのタイトルでブログの良し悪しを判断する人が殆どいないからです。

ですので、ブログタイトルを決める時に頭を抱えて考えたとしても、それがブログの訪問者の興味と関心を引き出すきっかけにはなりません。

何故かといえば、たとえ訪問した場合においても「他の記事を読んでみよう」という様な反応を得る為の要因とはならないからです。つまり、ブログタイトルはそれほど重要では無いと言うことです。

ですが、私がこのように「重要ではない」と言ってしまうと「それでは何でもいいのか?」という事になってしまいますで、冒頭で挙げた3つのポイントに関しては最低限守ってブログタイトルを決めていっていただければと思います。

実際に私も、当ブログ名である「アフィリエイトヘルプデスク」に落ち着くまでに3回位名前を変えた経験があります。ですが、このブログの名前を変えたことがアクセス量を変える事はありませんでした。

ですので、あなたがもしブログタイトルを決める段階にいるのであれば、さくっと時間をかけずに決めてしまって、次のステップに進んで行きましょう。

「ブログ・メルマガで稼ぐ方法」を直接あなたに教えます。

ここまで記事を読んでくださりありがとうございます。

私の無料メール講座では、この記事でお伝えした様な、

「ブログとメルマガを使って稼ぐ為に必要なノウハウ」を詳しく解説しています。

「年5億稼ぐ男」から余すことなく全て教わった事をお伝えしていますので、是非ご登録ください。

>ブログ講座一覧へ