情報発信アフィリエイトで何故ブログを使うのか?その理由とは。

私のこのブログでは、情報発信する為のメディアとしてブログを推奨しています。

なぜなら、ネットビジネスでお金を稼ぐ為に押さえるべきポイントが以下の2つに究極的に集約されるからです。

  • 自分が自由に情報発信できる媒体を持つこと
  • その媒体に多くの人を集客していく行くこと

他者の役に立つような情報を自由に発信出来るメディアを持ち、尚且つそのメディアに多くの人を集客するのであれば、多くの人がそのメディアに掲載される広告を必然的に目にしていく事になりますよね。

更に言えば、そうやって多くの人の目に触れられれば、それだけ多くの人に対して直接商品の売り込みを行っていくことが出来るようになるのであり、あなたの目的であるアフィリエイト広告から収益を得る事も可能になるのです。

たしかに、現代ではYoutubeで動画を投稿する事で収益を得ているユーチューバーも沢山いますし、FacebookやTwitterを代表とするSNSで集客を行ってアフィリエイト広告収入を得ていく事も可能ではあります。

ですが、Youtubeに情報発信を行う為のチャンネルを作り集客を行ったとしても、あなたのチャンネルに集まるのはYoutubeの利用者のみとなります。一方、TwitterやFacebook等のSNSで情報発信をしても、主に集客できるのはそのSNSの利用者と言うことになりますよね。

勿論、YoutubeやSNSは、非常に多くの利用者を抱えるサービスですので、その分集客できる見込み客の数は大きいとは思います。

ですが、YoutubeやSNSで集客できる見込み客の「質の高さ」と「集客の合理性」に関して言えば、ブログのそれと比べて圧倒的に低いと思っています。何故かと言うと、ブログは「最も質の高い見込み客を合理的に集客できるメディア」だからです。

ブログは最も質の高い見込み客を合理的に集客できる

それでは何故、ブログは「最も質の高い見込み客を合理的に集客出来るメディア」と言えるのでしょうか?

先に答えを言ってしまえば、「インターネット利用者の多くがインターネット上に公開されているコンテンツを利用する際に、最初の入り口とするのがGoogleやヤフー等の検索エンジンだから」です。

最近ではスマホを買った段階で自分の使いたいアプリが入っている事が多いので、「まず検索エンジンにアクセスする事」からスタートする必要がない場合も増えてきました。

ですが、大部分のインターネットユーザーが、何かしら特定のコンテンツを探しに行く時は、検索エンジンにキーワードを入力して探すのではないでしょうか。

実は、この「検索エンジンにキーワードを入力してコンテンツを探しに行く」という一連の動作が、検索エンジンから「最も質の高い見込み客」を「合理的に集客出来る」理由なのです。

それでは次のセクションで、この「質の高い見込み客」という事に関して説明していきたいと思います。

「質の高い」見込み客とは一体何か?

まず「見込み客」とは「自分の掲載する情報に興味を持ってくれ、将来的に成約に導けそうな人達」の事を言います。

マーケティング戦略としては、この「見込み客」に対して売り込みをかけるのが効率的と言われています。なぜなら、あなたの情報に何も興味を持っていない人に対して売り込みをかけても断られる確率の方が高く、それなら予め自分の情報に興味を持ってくれている人に対して売り込みをしたほうが効率が良いのです。

では「質の高い」見込み客とはどんな人達を言うのでしょうか?

先に答えを示すならば、「質の高い見込み客」とは①「求める情報の属性が絞り込まれた状態」であり、②「情報を求める”意識そのもの”が高い状態にある」ユーザーの事です。

では、①と②のポイントにそれぞれ分けて詳しく説明していきます。

①「求める情報の属性が絞り込まれた状態」とはどういう事か

例えば、大学受験を控えている高校生は、大学に資料請求を行いますよね。

その「資料請求を行う段階」にある高校生は「何故その大学に行く必要があるのか」悩んでいる状態なのであり、資料請求という動作の中にある大前提として「資料を取り寄せれば、送られてきた資料に自分の悩みを解消するための情報が存在する」と思っているのです。

それでは、上記の「悩みを解消する為に、大学に資料請求をする高校生」を「検索エンジンでキーワードを検索するインターネットユーザー」に置き換えて考えていきましょう。

検索エンジンを利用するインターネットユーザーの多くは、基本的に何かの情報を求めてキーワードを検索エンジンに入力します。この一連のプロセスを経る背景には、「インターネットユーザーが何かしらの情報を得たいと思う状態」というのがあり、ユーザー達の中に「検索エンジンにキーワードを入力すれば欲しい情報が手に入るであろう」という思惑が存在するからだと思います。

言い換えれば、検索エンジンを利用する際には、インターネットユーザー達は「確固たる目的意識を持って情報を求めている」という事です。

つまり最終的にあなたのブログにたどり着いた見込み客は、「検索エンジンに”自分の悩みに関連するキーワード”を入力したら、悩みを解消するのに役立ちそうな情報を掲載していそうなあなたのブログにたどり着いた」状態にあるのです。

という事は、この一連の過程の中で、インターネットユーザー達が検索しそうな「悩み」を言語化し、その答えとなる「ユーザー達が求めている情報」の傾向を定め、具体的にブログに掲載してあげれば、「見込み客の求める情報の属性」を絞り込む事が出来るようになるという事です。

したがって、ブログというメディアは検索エンジンを集客の入り口とする事で、ユーザーの求める情報を前提として集客出来るのです。よって、ユーザーが「求める情報の属性が絞り込まれた状態」で集客出来ます。

②「情報を求める”意識そのもの”が高い状態にある」ユーザーとは?

これまで質の高い見込み客の条件として、「求めている情報の属性が絞り込まれた状態」である事を説明してきました。

鋭いあなたならお気づきかもしれませんが、属性を絞り込むだけの集客であればYoutubeやTwitter、Facebookを始めとするSNSでも行う事が確かに出来ます。なぜならそれらのサービス内においてもキーワード検索が可能だからです。

ですが、大前提として、YoutubeやSNSの「利用者がそのサイトを利用している目的とその意識」という点では、その大半が「暇つぶしや娯楽目的」の感覚が強い傾向にあります。

言い換えれば、YoutubeやSNSのユーザー達は「確固たるニーズ(求めている情報)」があってそれらのサイトを利用する傾向では無いという事になります。

先程から繰り返し説明している通り、検索エンジンから流入してくるインターネットユーザーは、求めている情報(ニーズ)を持った状態です。その一方で、YoutubeやSNSを利用しているユーザーの大半は、暇つぶしや娯楽目的でサイトを利用しています。

・・・この両者で、どちらの方が見込み客として質が高くなる可能性があるかは、一目瞭然ですよね。

つまり前者の「求めている情報(ニーズ)を持った状態」にあるユーザーこそが、情報を求める”意識そのもの”が高い状態にあるユーザーであり、この様なユーザーの集客を可能にするのが検索エンジンと言うことになります。

したがって、上記に挙げた2点、①「求める情報bの属性が絞り込まれた状態にあり」②「情報を求める意識が高い」、いわゆる”質の高い見込み客”を合理的に集客出来るという点から、私はブログが情報発信では最適なメディアであると考えています。

質の高い見込み客に対してどのようにマーケティングすべきか

これまで、何故私が「ブログが情報発信に最適なメディアと考えるか」説明してきました。それは、ブログが「質の高い見込み客を集客できるから」という理由です。

・・・ですが「じゃあその質の高い見込み客を集客した後何をすればいいか」気になりませんか?

そこで、このセクションではブログに「質の高い見込み客を集客した後にどのようにマーケティングをしていけばいいか」を説明したいと思います。

私は、自分のブログに「質の高い見込み客を集客した後に、自分の「メールマガジン」に登録してもらうように誘導し、DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)を出来る仕組みを作り上げています。

実はこの仕組み作りは、あなたでもすぐ出来る作業です。

なぜならブログは無料ですぐに開設出来るようになっていますし、開設したら後はそこで情報発信を行っていけばいいのです。

ですが「ブログでの情報発信」の段階に先立ち、まずしなければならないことがあります。

それは、

  • どういう人達をターゲットにして
  • どのような情報発信を行っていくか

という事です。

この二点はそのままあなたのブログの「テーマ」や「コンセプト」となり、これらが決まっていないとブログの軸がぶれてしまうことになります。

そしてブログの軸が決まっていないと、あなたのブログに「質の高い見込み客」を集客できないばかりか、もし仮に出来たとしてもメールマガジンへの登録を誘導する事が難しくなってしまいます。

ですので、ブログで情報発信をする前にかならずブログのテーマやコンセプトをしっかりと定めましょう。

テーマやコンセプトを定める際は、あなた自身が販売したい商品やサービスがあるのであればその商品に関連するテーマやコンセプトにするといいと思います。

もし万が一、その商品やサービスを持ていない場合が、アフィリエイトの広告ビジネスを軸としてビジネスを展開して行くことになります。

ですので、「どの商品をアフィリエイトしていくのか」という事を定めると、自ずとあなたのブログのテーマやコンセプトが決まってくると思います。

詳細にテーマやコンセプトの決め方を学びたいという方は、より具体的に以下の記事で説明しておりますのでお読みになってください。

>>アフィリエイトでテーマを決めるのに考えるべき2つの視点とは?初心者におすすめなのは?

>>ブログのテーマを決める基準について〜アフィリエイトで稼げるテーマとは?〜