アフィリエイトで稼ぐ方法とは?

この記事では、アフィリエイトで稼ぐ方法に関して説明します。

インターネットでアフィリエイトの稼ぎ方を検索すると、

「何種類もあって正直よくわからない!」

と思うかもしれません。

なので、この記事では様々あるアフィリエイトでの稼ぎ方を、

大きく3つに分けてシンプルに説明したいと思います。

 

1.クリック報酬型アフィリエイト

まずは、クリック報酬型アフィリエイトについてです。

これは、メディアに広告を貼り付け、その広告を見た人がクリックしたら報酬が発生するアフィリエイトです。

この形式では、広告に掲載されている商品が売れる・売れないは全く関係ありません。

ブログの記事に広告を貼りつけるのが主流ですが、

最近ではYoutubeの動画に広告を貼り付けるのが人気になっています。

あなたも、Youtube動画に5‐15秒程度の広告がついているのをご覧になった事があるのではないでしょうか?

クリック報酬型アフィリエイトは、広告を見た人がクリックさえすればいいので成果を出しやすいです。

そのため、「これからアフィリエイトを始めたい」と思っている人にとっては、

手を付けやすいアフィリエイトといっていいでしょう。

しかし、クリック型アフィリエイトは「クリックするだけで」報酬が発生するため、

報酬自体が低く設定されおり、1クリック数円~数10円ほどしか稼げません。

さらに、1クリックの単価が低いため、相当な数の人に見られる魅力的なメディアを作成する必要があります

しかし、そのメディアに貼りつけた広告をクリックしてもらわなければ報酬は発生しませんので、

メディア作成につぎ込んだ労力と報酬成果が見合わないことがほとんどです。

したがって、クリック型報酬アフィリエイトは、

報酬が発生しやすいアフィリエイトであると言えますが、

数百万円のような大きな金額を稼ぎ続けていく事はできません。

 

2.クッキー報酬型アフィリエイト

クッキーとは、ユーザー情報をパソコンに一時的に保存し、参照できる機能のことです。

簡単な例をあげると、ネットで何かを購入するためにユーザーページにログインする際、

ユーザーIDやpasswordを一回入力した後は記憶されていることがありますよね?

その機能のことをクッキーと呼び、それを利用したのがクッキー報酬型アフィリエイトとなります。

広告をクリックした人のPCやスマホにクッキーを書き込み、一定期間保存されます。

具体的には、Amazonでは24時間、楽天では30日間クッキーが保存されます。

そして、クッキーが保存されている間に何か商品を購入すれば報酬が入ってきます。

このアフィリエイトのメリットは、広告がクリックされれば、

その後どんな商品を購入されたとしても報酬が入ってくるという点といえます。

しかし、他の広告主のクッキーが仕込まれた広告をクリックすると、

クッキーが上書きされてしまうため、広告に掲載する商品を強くアピールし、

即時購入に導くWebコンテンツを作成しなければいけません。

また、このクッキー報酬型アフィリエイトも報酬額が少ないため、

人気メディアを作成し多くの人の目に触れてもらう必要があります。

よって、クリック報酬型アフィリエイト同様、

クッキー報酬型アフィリエイトは大きな金額を稼ぐのは難しいアフィリエイトと言えます

 

3.成約報酬型アフィリエイト

成約報酬型アフィリエイトは、

広告をクリックした人が商品やサービスを購入したり申し込みする(これを成約といいます)

と報酬が発生するアフィリエイトです。

前述したクリック報酬型アフィリエイト、クッキー報酬型アフィリエイトに比べて、

広告をクリックした人が実際に「購入・申し込み」するという行動を伴うアフィリエイトなので、

報酬が発生するまでのハードルが高く、成約が取れた際の成果報酬は高額に設定されています。

そのため、「アフィリエイトで大金を稼いでいる」といわれる人の多くは

この成果報酬型アフィリエイトを利用しています。

この成約報酬型アフィリエイトも労力をかけなければいけませんが、

クリック報酬型やクッキー報酬型とは違って労力に見合った報酬を手にすることができます。

私もこの「報酬が高い」魅力に惹かれて、成約報酬型アフィリエイトを利用しています。

同じ労力をかけるなら、一回の成果報酬が高ければ高いほど魅力的ではありませんか?

もしあなたがアフィリエイトに興味があるのならば、

私はこの成約報酬型アフィリエイトに取り組んでいく事をおすすめいたします。

 

次の記事では、この成約報酬型アフィリエイトでどのような商品を取り扱っていくのか紹介いたしますね。

> 成約報酬型アフィリエイトで紹介する商品とは?