憂鬱な気分を克服したいなら、人のために何ができるかを考え続けること

今回は、ビジネスで成功するために必要なマインドセットに関して書いていきたいと思います。

私は一日の中で、身体が動かなくなってしまうくらい憂鬱な気分を抱えることがあります。自分の悩みをずっと考え続けていると、頭の中で同じことを考えて堂々巡りになってしまう。

そのような悩みを抱えているのですが、今日からちょっと試してみたいなと思っているのは、他人のことで頭をいっぱいにすることです。

周りの人達のために何ができるか?を考えること―それが成功の種

私には生命保険の営業マンの友人がいて、営業成績で伸び悩んでいます。

今年度中に営業目標を達成したいと思っていて、このノルマを達成することで彼は昇進することができて、より大きな責任を伴う仕事を任されることになるんです。

紹介を頂いた顧客からのアポイントメントを突然キャンセルされたり、生命保険の成約につながるだろうと思っていたのにも関わらず連絡がつかなくなってしまうようです。

インターネットで生命保険を登録できる現代において、生命保険というサービスを売っていくのには営業マンの人間力がお客さんに評価されるのです。

なので、成約につながらない案件があると自分の人間性が評価されていないと感じてしまうようです。

私は営業マンとしての経験も実績はないですが、彼が営業マンとして活躍していくためにどのようなアドバイスをできるかをずっと考えるようにしています。

私としてできることは、その彼に対してとにかく目標を達成できることを真剣に考えて行動していく事だと思っています。

それが、私がもっと自分自身に責任をもって楽しそうな人生を歩むことで新たに人間関係を築けて、彼への生命保険の成約が決まることかもしれません。

それとも、とにかく親身に彼の相談に乗ってあげて、心地よくお客さんたちとのアポイントメントに臨めるようにすることかもしれません。

私がもっと成長して彼の刺激になるような言葉をかけてあげて、その言葉を語る私から何かを学び取って頂いて彼と接するお客さんとの会話がはずめるようになるかもしれません。

人間の行動に正解なんてないと思っているので、彼にとってできうる行動の中で何が一番優先度が高いのかなんてわかりません。

しかし、このようにして、身近な人の生活がどう豊かになっていくのかを考えることが、幸せになるためのプロセスなんだと思います。

頭で考えていてもなかなか行動にうつすのは難しいです。それでも彼のことを考えて自分も成長し続けていけるように常々考えていきたい。

今後の人生で知り合っていく人たちの悩みをちょっとでも軽くしてあげられる人生を歩んでいきたい。

そうして日々行動していく事の延長線にまだ直接お話ができていないあなたがいます。

このブログを読んでくださるあなたにもこの幸せが届きますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です