コピーライティングを学ぶにあたって大切なこと

そもそもコピーライティングを学ぶということはどのようなことだと思いますでしょうか。

この記事ではそのような質問対して明確な回答をもっていなかったり、「そもそもどうやって学んでいったらいいのかわからない!」という思いを持っている人に対してのアドバイスを提供したいと思います。

コピーライティングを学ぶこととは

コピーライティングを学ぶこととは、人を説得して行動を促す文章で自分の売りたいものを売れるようになることが目的。
その文章が日常的に自分の書く文章として自然に出てきたりと、日常会話のように口から出てくるようになることが目標です。

これをできるようにするためには、人に関するものすべてを学ぶ必要があります。例えば、心理学、言語学、宗教学、脳科学、文化人類学、経済学、環境学、哲学、国際関係学などあげたらきりがありません。つまり人の内面に注目し、その結果人がどのような行動をとってどのような結果が起きたのか一連の流れを学ぶことができればいいのです。

なぜそこまで学ばなければいけないのか

人が思わず反応するコピーを作るために読み手のこと、つまり思考プロセスや心の動きを知る必要があります。

その動きを理解したうえで書く文章によって、読み手はあなたに対して興味を持ち、あなたの意見に共感し、あなたの意見を参考にして行動したくなります。

よって、人の思考や考え方がどのような常識や信念をベースにして形作られているのかを知る必要があります。

どのような常識や信念がベースになっているのかを知ることで、同じ言葉をとっても人によって響き方が違うことが肌で感じることができるため、あなたの文章の重みを増すことができるのです。

「年末年始」という言葉でも受け取り方が全然違う!

文化人類学の観点から、「年末年始のイベント」という言葉で連想される思い出が日本人とアメリカ人にとって根本的に違うことを一例として紹介します。

年末年始は日本では会社や役所は休みになるところがほとんどですよね。(もちろん業界や職種によって例外はありますが。)

お正月は日本人にとっては大みそかの年越しそばから始まり、紅白歌合戦を見て、カウントダウンをして年越しをする。

元旦からはお雑煮やおせち料理を食べ、親戚のお家に集まって子供はお年玉を頂いたりなかなか会うことのできない親戚と一緒にカルタ取りや羽子板をするのが伝統的な日本のお正月です。

現在はそこまで日本の伝統的なお正月という形は崩れていますが、似たようなお正月を過ごしている人は多いのではないでしょうか。

これがアメリカではそもそもその日本のような年末年始は過ごしません。

大みそかにカウントダウンでニューヨークのタイムズスクエアという、日本の東京でいう新宿のような繁華街に世界中から人があつまって、有名歌手がカウントダウンライブを行うことはありますが、そのあと新年から日本のお餅のように決まって食べるようなものもありません。

あえて日本のお正月に似ているところを挙げるとすれば、アメリカのクリスマスでは実家に親戚一同で集まって一緒にご飯を食べます。

クリスマスイブの夜には子供を持つ親御さんたちはツリーの下に子供たちへのプレゼントを置いてあげます。日本のお年玉のように大金を直接子供たちに一気にあげるようなことはしません。

いかがでしたでしょうか。

「年末年始」という言葉をとっても連想する風景は読み手がどのようなバックグラウンドを持っているかによって変わるものです。

ここから学んで頂きたいのは、「自分の生まれ育った環境ではこうだ」と信じられている常識が他の環境で生活している人たちにとっては全然通用しないことがあることです。

この記事では国籍の違いによって起こる「年末年始」という言葉が連想させる人の体験を取り上げました。さらにこれが性別、職業、家庭環境、住んだ地域といった点からも認識は変わってきます。

よって、自分が当たり前だと思っていることや何気なく使う一つ一つの言葉が持つ意味を改めて見直してみる必要があります。

そしてコピーライティングスキルを伸ばしていくために、上記に示した「人に関する学問」を学んでいくことであなたの文章は飛躍的に向上していきます。

でもそんな勉強している暇がない。

ここまで突き詰めていったコピーライティングの世界は、それだけ奥が深いということがお分かりいただけます。しかし、この記事を読みながら「でもそんなの一から勉強する暇なんてないよ!」と思っている方は多いのではないでしょうか。

これを今からあなたがすべて一から勉強していかなければならないのかといえば決してそうではありません。それが苦でなければ勉強してもらうことに越したことはないですが、現実的にそのような必要はありません。

なぜかといえば、既に多くの先人たちがそういった概念を勉強したうえで有効となるテクニックとスキルをまとめて本やネットに上げてくれているからです。

なので私たちはそれを学んでいくことで彼らが膨大な時間と労力をかけてリサーチしてまとめてくれた思考プロセスや心の動き、ネットマーケティングのノウハウを自由自在に使いこなしていけるようになります。

私が提供する無料メルマガ「Wisdom Academy」に登録していただけるこで、そういったノウハウの数々を現代のネットビジネスで利用できるような形にしたうえでおつたえてしていくことを目的としています。

もしご興味をもっていただけましたらご登録ください。

また、ご登録していただかなかったとしても私がこの記事で強調したような「人に関する」あらゆる知識を吸収していく方法はあります。

それは、日常生活において人間観察をすることです。これは別に、対象となる人が気づいていないところでストーカーのようにじっと見つめていることではありません。笑

日常生活であなたが接する家族や友人、恋人たちから行動の仕方や考え方を学んでいくことであなたの文章はより人の心に響くようになっていきます。私の信念として「勉強は机の上だけでやるものではなくて、何気ない会話からも多くの事を学ぶことができる」ということがあります。

常にアンテナを貼り続けていれば些細な事に気が付いて、それが後々あっと驚くようなビジネスチャンスになることがあります。

そのようにして人が考えていること、悩んでいることを考えてみて自分はその人のために何ができるのかを思って行動してみてください。その時の思いや行動をインターネットに置き換えることで、インターネットビジネスが生まれていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です