本当のコピーライティングスキルとは

これまでのコピーライティングは「イメージを植え付けるためのもの」

コピーライティングとは、商品の広告の文章と一般的に定義されています。

コピーは主に「その商品に対して何らかのイメージを与えること」を目的に創られ、テレビCMや新聞、雑誌、最近ではYoutube動画の再生前の動画であなたの興味を引くために語られている言葉です。

テレビCMや雑誌に代表されるような、古くから人々に親しまれてきたメディアにおけるコピーとは、その商品を売ることを目的としているわけではありませんでした。あくまでそのコピーは、その商品のイメージを植え付けて商品自体を人々に認識させることを目的としていました。

長年のマーケティング研究によって培われた傾向としては、テレビCMは「商品を売り込むためというより、イメージを与えるための広告」として活用することが最も効果的とされていたからです。

今でもSoftbankといった大手携帯電話会社が家族割のプランを売り込むときは仲のいい家族の役を俳優さんたちが演じていますし、衣類用洗剤のテレビCMではCMに出ている人たちが着ている洋服にたくさんのダニがついているCG映像が映っていますよね。

このように、従来のメディアにおけるコピーとは、そのコピーを目にする人々にその商品のイメージを植え付けることを目的としていました。

しかしインターネットが普及し始めてから、これまでのテレビ、新聞、雑誌といった広告媒体を飲み込んでしまい、コピーライティングのあり方が再定義され、新たな時代の幕開けとなりました。

インターネット時代のコピーライティングはお客さんに対して商品の良さを「論理的」に説明する

テレビや雑誌に載っていた広告は、その媒体のメインコンテンツの間に挟まれているのが特徴的です。つまり、その広告を見る人たちは意識して広告を見ようとはしていませんので、イメージ重視の「感覚的」な広告であったわけです。

一方、インターネット広告はその真逆であり、広告を見る人たちは意図的にその広告を見るようになりました。

インターネットユーザーは何かを悩みを抱えており、それに関連する言葉をGoogleやヤフーに入力して、解決方法を見つけます。つまり、あなたのウェブサイトやブログに来てくれる人たちは特定の悩みを抱えている人たちであり、あなたが紹介する商品で悩みを解決したいと思っている人たちなのです。

したがってお客さんが悩んでいることを特定できれば、その悩みをどのようにすれば解消できるのかを「論理的に」説明して商品を売り込んでいくことが重要となりました。

インターネットのおかげで、商品紹介をする広告サイトを通して、お客さんたちに商品への興味をもってもらい、それを売り込んで購入してもらうまでのすべてのプロセスを一貫して行うことができるようになったのです。

この結果、かつてはイメージを重視する「感覚的」であったコピーは、インターネット広告では「論理的」な観点が求められるようになっていきました。

インターネットで参入障壁が下がり、誰でもコピーライターになれるようになった。

インターネットというのは、誰もが行きかう大きな道路のようなもので、皆がPCやスマホのブラウザを介してその道路をからインターネットコンテンツを得ていますよね。

インターネットでブログやウェブサイトを構築することはその道路にお店を建てるようなものです。

実際の生活で建物を建てるのと同じように、テレビ・新聞・雑誌に自分の商品を売るための広告を載せるには莫大な広告料を支払わなくてはなりませんが、インターネットではそれを無料で行うことででき、さらにたくさんの人々に向けて発信できるようになります。

たとえそれが自分が作成した商品ではなくても、物販や情報商材といったアフィリエイトを行て、簡単に商品に自分のオリジナルの広告文を付けて紹介できます。

実際にはこのビジネスチャンスを活かして大勢の方々がアフィリエイターとして何千万、何億円もの収入を得られるようになりました。

その仮想的なお店に掲載する商品紹介ページでは、お客さんたちが手に取って商品を眺めることができないため、あらゆる角度からその商品の良さを文章で伝えていかなくてはなりません。

つまり、インターネットビジネスで成功するにはいかに読み手に興味を与えて、共感を覚えてもらい、「買う」という行動を起こしてもらうかが大事です。

今後あなたがインターネットビジネスで成功するためには何を学ぶべきなのか?

私はこの問いに対して「何かに悩んでいるお客さんの悩みを特定して、商品を購入することによってどう解消できるかを文章化できるコピーライティングスキル」と答えます。

全世界の人口をみてもスマホを2人に1つは持っているくらいにまでなりました。

ここまでインターネットが普及した大きな要因一つに、ショッピングの面倒くささが解消されたことが挙げられます。あなたもAmazonや楽天といったオンラインショッピングサイトで日用品や電化製品の購入をすべてネットで済ませてしまう一人なのではないでしょうか。

今後も、インターネットを介して物の売買がさらに活発に行われていくことは誰もが予想できます。

インターネットが私たちの生活の大部分を占める時代でインターネットビジネスで成功するためには、「インターネット上のお店」を訪れるすべてのお客さんの 立場になって、お客さんたちが何を悩んでいて、その悩みをどのように 解消できるのかを具体的に示した文章を書いて、お客さんが「この人から商品を買いたい!」と思うような文章を書けるようになることが必要です。

あなたは、何かを悩みを抱えていてそれを解消するためにGoogleやヤフーに言葉を入力して解消するのではないでしょうか。

つまり、あなたのウェブサイトやブログに来てくれる人たちは特定の悩みを抱えている人たちであり、あなたが紹介する商品で悩みを解決したいと思っている人たちなのです。

したがってお客さんが悩んでいることを特定できれば、その悩みをどのようにすれば解消できるのかを明らかにして商品を売り込んでいけばいいのです。

そういったお客さんたちを行動へ移せるような文章能力を磨いていけば、あなたがどこにいようとどんなスケジュールであろうとあらゆる商品を自由自在に販売していくことが可能になります。

正直なところ、Web集客スキルやマーケティングのスキルを学んでいくのはコピーライティングスキルを磨いた後でも全然間に合います。

まず優先すべきはあなたのウェブサイトを訪れる人たちの悩みが何かを特定し、その悩み解決方法に沿った商品を提供していくことです。

ここまで説明してもコピーライティングを無視できますか?

私はこれまでコピーライティングの重要さを説明しました。それでもあなたは他のスキルに目をやってコピーライティングスキルを無視し続けるのですか?

インターネットビジネスにおいて、10の時間があるなら9はコピーライティングスキルに充てるべきである、と私の師匠は言います。

それ以外のマーケティング、集客テクニックは後回しで十分です。(正直なところ、マーケティングや集客スキルを自動で補ってくれる便利なツールがあるので無視していいくらいです。)

この事実をもっと多くの人に知ってもらいたいと思い、私は無料メルマガ講座を始めました。

あなたもこのスキルを身に着けていれば、この時代においてインターネットを通してあらゆる人の悩み解消をし続けていけます。

その悩み解消プロセスにお金を添えたのがビジネスである以上、あなたはお金を稼いでいけるようになります。

そのスキルは、たとえあなたがインフォプレナーやアフィリエイターでなくても実生活で役に立ちます。もはや、このスキルなしで成功を収めていけるようなビジネスは存在しません。

だからこそ、他の人たちの情報に惑わされずに本当のライティングスキルを学んでいってほしいと思います。

私の無料メルマガですべてあますことなくその方法をお教えいたしますのでぜひご登録ください。

無料メルマガ「Wisdom Academy」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です