壁を乗り越えられる理由はあなたが乗り越えられると思うから

人生を制限しているものは

自分だということに気づくと、

人生がすっかり変わります。

あなたを縛っているものが何か見えた時、

素晴らしいことが起こります。

あなたを縛っているのは、

ほとんどの場合、あなた自身です。

自分で作り上げた不可能という壁を乗り越えましょう。

すべての力はあなたの中にあるのです。

W・ミッチェル(環境保護活動家)

「子供のころは自由だったのになあ~」

このようなことを、会社の人間関係、住宅ローン、奨学金といった目の前に差し迫る現実に縛られながら思っていませんか?

そうやって人は自分の手と足を重い鎖で縛ってしまいがちですよね。

子供の頃が自由だったのはそのような条件なんか何も知らずにひたすら夢見ることができたからしょうが、今の状況ではそれは許されないーー果たして本当にそうでしょうか?

私は自由は心の問題であると思っています。

フランスに留学していた時は私は鬱的症状に苦しんでいた時で、

ふっとしたときに悪魔の姿をした不安に頭をつかまれてすーっと思考を持っていかれ、そのあとは目から涙があふれてくるような日々でした。

そんな状況の中で自分に合う場所を探そうと思い立って電車にゆられてフランスの近隣のドイツ・スイス・イギリス・ベルギー・ポーランドと旅をとにかくしていました。

しかし旅行しながら気づいたのは「どの場所に行っても自分の状況は変わらない」ということ。

スイスに向かう電車で真っ白な雪に覆われた草原を見ていても鬱的な症状は抱えたままでしたし、

ポーランドの京都といわれるクラクフという街で紅葉に覆われた公園で日向ぼっこしていた時も同じような状態でした。

日本に帰ってきて生活している今でもそういった鬱的な症状はたまにあるなと思いますが、

「全ては自分の心次第なんだ」と気づいている今の私にとっては環境なんて関係ないため、フランス留学をしていた時とは心の軽さがまったく違います。

あなたが今直面している壁があるからこそ、この文章を読んでいると思います。

一歩下がって考えてみてください。その壁を乗り越えるのは本当に不可能なのでしょうか?

壁は乗り越えられるからこそあなたの前に現れます。

そしてその壁を乗り越えるのに完璧な環境や条件なんてなくて、結局はあなたの心次第ですべて決まってしまいます。

その壁を突き抜けられるかどうかは「壁を乗り越えられない理由」から考えるのか、それとも「乗り越えられる理由」から考えるかの一転につきます。

能力の差ではありません。あくまで、意識の違いです。

その「できっこない」というフタなんか外してしまって、

心の底から湧いてくる「乗り越えられる!」という思いに耳を傾けて、「壁を乗り越えられる理由」に関してとことん考えて行動していきましょう

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です