起業するかどうかで迷ってますか?誰もあなたの人生を生きてはくれませんよ。

馬で行くことも、

車で行くことも、

二人で行くことも、

三人で行くこともできる。

だが、最後の一歩は

自分一人で歩かなければならない。

ーーゲーテ(詩人)

「起業家として生きているあの人の人生がうらやましい。」

などといって他人の人生をねたんだりはしていませんか?

だとしたら、そんな無駄な事を考えるのは今日でやめにしましょう。

私もかつては周りの人たちがしていることをとにかく羨ましがって、その人たちに引っ張られて自分の意志もないまま行動していることがありました。

とくに深く考えることもなく、今までの先輩たちがそうだったから、周りの人たちがそうだからと就職活動をし、周りの人たちから褒められるように大手企業に入り、ストレスで精神疾患にかかってしまいました。

毎日自宅と会社の往復で時間が過ぎていく。それでも仕事がまったく終わらない日々。

私を支えてくれる同僚や大学時代の友人と会ったりして何とか毎日を過ごしていましたが、

結局は何も変わりませんでした。

心の中で「自分で責任もってこの人生を生き抜くんだ!」と納得できていなかったことが全ての原因です。

現在は会社をお休みしながらこうやってネットビジネスに励んでいるわけなのですが、正直なところ会社を辞めるのか、それとも職場に戻るのか、悩みますよね。

私でもなかなかまだ踏ん切りが付けられていません。

それでも、冒頭で紹介したゲーテの詩のように、

あなたの人生を助けてくれるツールはたくさんありますが、

たった一度のあなたの人生を生きるのはあなたですし、

私の人生を生きるのは私しかいません。

あなたの周りには遊んでくれる友人、

会社で一緒に仕事をしている上司や同僚たち、

他にも愛する家族がいるかもしれません。

その人たちと話して今抱えている悩み、将来についてアドバイスを求めると、

数多くの意見を貰えることがあるでしょう。

しかし、そこで念頭に置かなければいけないのは、

その人たちがくれるのはあくまで「意見」であることです。

あなたがこれまで歩んできた人生は、あなたによって作り上げられたものです。

その人たちには、正直なところあなたの人生がどうなろうと一切責任はありません。

黄色い砂の嵐が吹きすさび、目を開けることもできないような砂漠にいたとして、

どの道を歩んでいけばあなたの目指す幸せなオアシスにたどり着けるかは、全てあなたの決断次第です。

その目標点にたどり着くための最後の一歩は、自分一人で歩かなくてはいけません。

重要な決断こそ、最後は自分をとことん信じて下しましょう。

そうした決断を繰り返して続けることで後悔のない人生を歩んでいくことができます。

まだまだ踏ん切りがつかないあなた、その気持ち本当にわかります。

私と一緒にたくさん悩んで決めていきましょうね。

メルマガに登録いただければ返信可能なメールアドレスをお知らせできるので、

ぜひご登録して相談してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です